忍者ブログ
Admin / Write / Res
xbox360LOVEなjohnnyのプレイ感想、ちょっとした攻略、ゲームのニュースなどなど。オープンにネタバレしてるのでご注意を。
<< 12   2020/01   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31     02 >>
[2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

aab827d6.jpegさてさて~遅くなりましたが、Dead to rights:Retributionをクリアしたので、レビューをしてみます。
なんだかレビュー作るの久しぶりだww


DLにて結構大きそうなコンテンツが配信されてますが、それに関してはまた今度ご紹介することにします♪



拍手[4回]

PR
DSC05462.JPGいや、久しぶりに窓を見たら朝になってたw
それぐらいズッポシと遊んでいましたww
遂に発売されました、ロストプラネット2のレビューを。

予約特典はテーマとマップがついてきます。





DSC05474.JPGまずはキャンペーンから。
グラフィックは美麗。英語・日本語吹き替えで全6エピソードあり、各雪賊の視点でプレイしていく形になります。






DSC05471.JPG各エピソードはさらにチャプターで分けられ、全プレイするとかなりボリューミー。
キャンペーンは最大4人でCO-OPすることができます。
もちろんオフで1人プレイも可能。その際には仲間として最大3人までボットを入れることが出来ます。
ですがキャンペーン自体CO-OPを想定して作られており、難易度は高め。
難易度EASYですら敵がヘッドショットしてくる始末^^;
更に協力しないと進むのが困難であろうギミックが満載なので、(特にエピソード3最後の巨大主砲操縦時^^;)オフのお馬鹿なAIのボットでは非常に頼りがいがなく、尻拭いをすることもシバシバ・・・^^;
攻略時間が2倍にも3倍にもなりうるので、オフ専の方にとっては非常にキャンペーンは苦労が耐えないかと思います^^;

DSC05476.JPG逆にCO-OPは非常に完成度が高く、キャラの力の源ともなるT-ENGを他のプレイヤーに分け与えたり、能力を強化できるインジェクションガンなる武器で見方を強化したり・・・。
VS(プレイヤーが乗ることが出来るロボット)も高起動のものや空を飛べるようなものまで前作よりもバリエーションが豊富になり、さらに複数のプレイヤーで操縦することが可能なVSなど、面白すぎます^^
敵の足などを破壊したりなど、特定の行動を行うとGJとゆう称号が手に入ります。これもやりこみ要素の1つです。

「超弩級襲来」のキャッチコピー通り、今作のボス敵が画面に入りきらないほど巨大でインパクトのあるものばかりなのも今作の売り。
↑の敵なんてまだ小さいほうですww
これを4人で倒すのは本当に楽しいですね♪

DSC05463.JPGオンライン対戦では5種類の雪賊から1人を選びます。自分は林者使いです^^
変更はいつでも可能。
↓でも書いてますが、自分でカスタマイズしたキャラクターをオンラインで使用可能。キャラクターレベルなどはキャンペーン、オン対戦共用なのが嬉しいですね♪
ちなみにキャンペーンでは1周目は決まったキャラクターでプレイしなければならないのですが、2周目から自分の作成したキャラが使用可能です。


DSC05479.JPGその組み合わせ1京通りあるといわれるキャラクターカスタマイズ。
服装、武器、アビリティ、通り名、リアクションをカスタマイズ可能。
養子を変更できる服装は頭、胴、脚、バックパックの4つ。更に1つのアイテムで4種の色バリエーションが選べます。
服装パーツの入手法は主に各雪賊のレベルを一定まで上げることでアンロックされます。



DSC05470.JPG

キャンペーンなどで敵を倒すと出現する「はてなボックス」を入手することで、アビリティや通り名、アイテム購入のためのポイントを入手できます。(トレーニングや勢力マッチなどでもアイテムポイントは入手可能)





オン対戦ですが、大きくルールは変更されず、主はサバイバル、チームサバイバル、データポスト争奪など。他にもフォックスハント、エッグ戦(フラッグ戦)があります。
面白いのが今作より追加された勢力戦。
これは5つある雪賊のどれかでエントリーし、ルール付きの3つの戦場で戦います。
1週間行い、その戦果によってアイテムポイントが入手できるとゆうもの。
自分は林者でエントリーしたのですが、林者数が少なすぎて悲しいことになってますww
エントリーした雪賊は1週間経過するまで、変更できないそうで・・・・><



さて、個人的には凄く面白いのですが、欠点もボロボロ出てきますね。

DSC05475.JPGまずはキャンペーン。↑でも何個か述べましたが他に、、、

・キャンペーンはエピソード→チャプター→エリアとゆうように細かく分けられています。表すと2-2・3エリア(エピソード2のチャプター2、3エリア目)な感じになるんですが、エリアごとにいちいちリザルト画面が入るのが非常にテンポが悪いかなと。エリアによっては数分で終わるものもあるので、またリザルトかよ・・・。と萎えてしまいます・・・。

・ゲームオーバーになると、エリア最初まで戻されます。
戻されること自体は構わないのですが、物凄くエリアが長い、作業が面倒なものまであり、場合によっては一気に冷めることがあります。

・死亡ポイントが多い。
最低難易度ですらヘッドショットをかましてくる凶悪な敵の命中率もさることながら、落下ポイントも無数にあり、ここは落下しても良いのか?とビクビク^^;

・リザルト画面中に、制限時間が過ぎると強制退出に。いつまで経っても1人のプレイヤーが決定ボタンを押さず次に進めないなんてことが起きないように考慮したものだと思いますが、せめて観戦モードとかつけりゃいいのにと・・・。
しかもCO-OPの部屋探しの際にプレイ中の部屋に入れない始末・・・><


続いてオン対戦。

こちらは相変わらずのグレネード合戦になってます。突然の爆死など日常茶飯事。ある意味で今までのTPSにはなかった戦闘を味わうことになるので慣れが必要・・・。
慣れてくればそれなりにこういった戦い方もアリかと思えてくるのですが人によっては、なによこれ・・・。なんてことも・・・><



DSC05467.JPGそれでもむちゃくちゃ遊んでるロストプラネット2。
後半では否定的なところも多々挙げましたが、それでも前作を遥かに上回るクオリティ、散りばめられたやりこみ要素、盛り上がるCO-OP戦など素晴らしい良作ですね♪

オン対戦も色々言いましたが、武器やVSの性能など改善がみられているように感じました。前作の無差別な殺戮が無いだけでも良しとします。
それと、海外の方も沢山いるのですが、ラグもほとんど起きず快適に対戦できています。

ですがやはり、CO-OPやオンの環境がメインの本作ですので、オンをプレイできる環境があってなんぼもゲームですね。
オフ専の方には正直オススメできません・・・。
とにかく前作をプレイされて、おもしろい!と感じた方は絶対にハマれます!!!!^^b

あと動きがもったりしていてスポーティーではありませんのでご注意を。



DSC05482.JPGDSC05483.JPG最後にコラボネタ。
デッドラのフランク、コブンマスク、バイオ5のウェスカーなども登場しますw
そして夢のコラボとしてGoWからマーカス、ドムが使用可能!!

また、他にも各メディアとコラボしたTシャツなどの衣装もあります。

上記キャラは各ゲームのセーブデータ所持が出現条件。
マーカスとドムは全エピソードクリア特典で360限定。

ちなみにPS3はモンハンからレウス装備、キルゾーン2からヘルガストが登場するとのことです。
ヘルガストは使ってみたかったな~^^






拍手[0回]

DSC05388.JPGお久しぶりです♪いや~GWも仕事でしたわ~~~><

でわ本題♪
結構前に中古で購入していたんですが、存在をすっかり忘れておりましたww
最近部屋掃除してたら出てきましたwwww
とゆうことで忘れ去られた積みゲー、セインツロウ2のご紹介です。




箱庭ゲー&ギャングネタとその内容たるやGTAのパクリと言われているセインツロウ^^;
ブッチャケこういった箱庭ゲーは自分的にもうお腹一杯だったんですが、いざ遊んでみると物凄くカスタマイズできる箇所が豊富で、かなり遊べる内容になっていることにびっくり!!

DSC05379.JPG
グラは360では中の下。
特に人間の顔は凄くしょぼいw
それでも主人公だけはなんとなくよく見えるのが救いです・・・。
画像を観た感じはまんまGTAといったところ^^;




DSC05381.JPG
箱庭ゲーの肝はマップの広さといったところですが、個人的にあまりにも広すぎると移動がただ面倒なだけなので、そうゆう点ではセインツ2は広すぎず狭すぎずなので丁度良いです♪
サンアンドレアスは広すぎです・・・。




DSC05355.JPG今作はとにかく色んなものをカスタマイズすることが出来ます。
まずは主人公のカスタマイズ。
顔の形成、体格から性別はもちろん、人種、声、性格、仕草などスタートから物凄くいじれますwwもちろんオカマやオナベも作れますww
ガチでこれに最初1時間半かかりましたwwww
もうこれだけで充分楽しいです!!
キャラクタークリエイトは後々整形手術が受けられいつでも変更可能なのも良いですね♪


DSC05356.JPG

服装の変更も自由自在!!
種類も豊富で、色等の変更も可能なので、服屋周りも楽しい^^b





DSC05373.JPG
自分が作ったキャラクターがストーリー中に登場人物と絡んだりしてくれます。
普通カスタマイズされたキャラは終始無言でストーリーではうなづいたりするぐらいで、ストーリからは浮いた存在になってしまうものですが、今作ではストーリーの一人として自然に溶け込んでる感を味わえるので、個人的に物凄く嬉しかったですね~^^




DSC05378.JPGDSC05359.JPG豊富なキャラクリ意外にも、購入した家のカスタマイズ(家具とかの移動とかは出来ませんが^^;)、手下ギャング達の容姿やギャング用車両の変更、カスタムサントラ。
中でも車両カスタマイズは登場するほとんどの車両を改造したり強化したり出来ます。
警察専用車や装甲車といった特殊車両すら改造できるのは本当に素晴らしい^^b


DSC05384.JPG
車両の種類も非常に豊富。
車意外にも機銃付き装甲車、モンスタートラック、ヘリ、飛行機、ボートも操縦可能。
この時点でGTA4を完全に上回ってますw
中型旅客機も操縦できるとは御見それしました!!




DSC05367.JPGDSC05366.JPG
次は戦闘について。
武器は各種類一個ずつ装備することが出来、B+右スティックでいつでも変更可能。
ハンドガン系とサブマシンガン系は両手持ち可能。




DSC05363.JPG
敵や市民は盾にすることが出来ます。
敵からの攻撃を防ぐことはもちろん、この状態から投げることも出来るので、敵や物にぶつけたり、車道に投げて轢かせたり、高所から落下させたりと、これのおかげでかなり戦闘のプレイバリューが広がってます^^b
今までの箱庭ゲーではありそうでなかった気がします。




DSC05383.JPG
今や箱庭ゲーではCO-OPやマルチプレイは当たり前なんですが、やってみると面白いモンですね~^^
この間JMさんとプレイしたんですが、悪いことしまくって警察とのガチバトルなどかなり盛り上がりましたww
マルチは微妙そうなので未プレイ。



DSC05385.JPG欠点を挙げるなら・・・・正直あまり思い浮かびませんが、物が消えたり浮いたりする箱庭ゲーありがちの小さなバグがちらほらと・・・。
自分だけですかね?時々フリーズも起こすみたい。(これはレッドリングの兆しか!?)
あと、敵で登場する日系ギャングの喋りがショッボイ!!!!
てか外人に日本語ただ読ませましたって感じww超カタコトで「カタナノサビニシテクレル!」とか「シネ!」とか言ってきますw
まぁ面白いから良いんですがww
バイクにゴシック調でただ「栄誉」って書いてるのは萎えたなぁ~^^;せめて明朝ww



DSC05387.JPGGTAと比べらていますが、シリーズで最も新しいGTA4にはグラ意外は遥かに上回っているかと。(GTA4もそこまでグラが綺麗には見えませんがw)
どちらかとゆうとサンアンドレアスとそっくり。
でも個人的にはこっちのほうが好きです。
カスタマイズ意外にもアクティビティ(チャレンジモードみたいなもの)などもあり遊び応えがあります。


難易度も設定できるので、アクションが苦手な方でもすんなり遊べるかもです^^b
ただし実績はかなり面倒で(てか苦労しても解除されるポイントはスズメの涙・・・)実績狙いの方は考えて購入しましょうww
今からやってもマルチは過疎ってそうなのでフルコンプはきついかと・・・。




DSC05375.JPG


wwwww





拍手[0回]

DSC05344.JPGノーモアヒーローズ~英雄達の楽園をプレイしました。
Wiiタイトルがまさかの360に!!しかも海外のみだったグロ要素も復活!!とゆうあまりにも美味しすぎる話がゆえに購入しましたが、大いに失敗です><






DSC05334.JPG

まずグラフィック。可もなく不可もなく。
非常に独自な感じなんですが、これはまた良いですね^^





DSC05339.JPG
キャラクターも個性的で、特にボスは非常に面白いですね♪
個人的には見た目はヒーロー、性格卑怯のデストロイマン、見た目ロリータで快楽殺人者のバッドガールなんかはたまりませんな~^^





DSC05342.JPGDSC05333.JPGマップは基本的に箱庭です。
非常に狭いですがw
それでもあるだけマシかなと。
バイトをしたり、収集アイテムを回収したりといっちょまえにやることが豊富ww

また、ウィンドウや一部効果音なんかはFCを彷彿とさせる演出。


DSC05332.JPG

戦闘なんですが、プレイしていてお姉チャンバラを思い出しましたね。
もともとWiiコンでの操作を上手い具合にコマンドで再現しているかと^^b
おかげで爽快感高しです。




DSC05329.JPG
グロ要素は敵の首ちょんぱや真っ二つといった感じで、断面は真っ黒とゆう中途半端・・・。
逆にボス戦後のボスの死に方等は結構エグかったりします。
でも、レベル的には相当低いかな・・・。
海外に比べ、地の利の量も激減したまんまだそうです・・・。




DSC05341.JPGDSC05336.JPG
自宅では収集物の閲覧、ボスとの再戦や今までのムービー鑑賞、ミニゲームなんかが可能。
特に主人公の服装チェンジも可能で、ジャケットなどを変更可能。これは良いですね~^^
特にTシャツはかなりのバリエーションがあるので、カスタマイズ好きな僕にとっては良いシステムです。


爽快感のある戦闘、個性の強いキャラや服のカスタマイズなどなど一見良作に見えるのですが、実はある1つの大きな欠点が大きく萎えさせています。

それは異常に多いロード!!
今までこんなにロードの多いゲームは見たことがありませんね・・・。
ロードからタイトル画面は良しとしましょう。
自宅から外に出るとロード・・・。
建物に入るとロード・・・。
町に出るとロード・・・。
ムービーの間間にロード・・・。
ムービーで良い雰囲気になり、いざ戦闘!!なのにロード・・・。

極めつけは、ミッション失敗→リトライ?と聞かれリトライするとロード→ミッション開始地点まで戻される→開始するとロードwwwwwwwww

ハァァァァァァァァアアアアアアアアア!!!!!?????


どんだけ馬鹿なのよ!!しかも1回のロード時間は10~30秒かかります><
このロード地獄のせいで、本来はスタイリッシュであろうものが非常にテンポ悪く、非常に萎えまくるのです^^;


DSC05343.JPGロード地獄のみならず、全く耳に残らないサウンド、フリーズも多発し、解除されない実績、操作性の悪いバイクなどが合わさって奇跡的な駄ゲーと化しています。
実際ストーリー展開も、バイトで金貯め→ランキング戦の繰り返しなので、非常に作業的。
本来なら解除できる実績はキチンと取る主義の自分ですが、今回はクリアしたらとっとと売ってきましたww
せめてロード地獄さえなければまだなんぼかは良いゲームだったかもしれませんが・・・・。

てゆうかここまで多いロードは逆に味わってもらいたいですねww
ロードなんて全然苦にならないとゆう方にはオススメします。


拍手[0回]

DSC05280.JPG北斗無双の実績をコンプしました!
無双シリーズとしては結構楽しめたのですが、実績解除コンプは後半かなり萎えましたね~^^;

とりあえず、コンプには全キャラの伝説、幻闘編をクリアしなければなりません。
伝説は敵が少なく無双的ではないので、最初のケンシロウの話でだいぶ参りました・・・。ケンシロウの章は長すぎね・・・・。

幻闘編は従来の無双らしく、敵が多いので爽快なんですが、敵が硬過ぎるのと、結局同じストーリー+同じステージなので、後半は精神的にキます><
ただ、原作に忠実にバランスよく作られているのには○。

とにかく敵の硬さは異常!そしてこちらは上手く防御できない!!ジャストガードのタイミングが結局最後までわかりませんでしたね・・・ww自分が下手なのか??
してマミヤが敵に回ると超絶イラつきますね^^;ww

DSC05281.JPGそれとアクションですが、個人的に南斗は非常に使い勝手が悪かった・・・。
見切り発動しないとアクション少なすぎて萎えるw期待していたサウザーにもがっかり^^;
特殊のマミヤ、ジャギが思いのほか面白かったですがw
結局北斗が使いやすかったのですが、やはりラオウのモーションの迫力と破壊力は癖になりますね♪
正直、ラオウが使えるようになってからが本当の北斗無双かと^^b



DSC05272.JPG
あ~、それとですね~北斗、南斗、有情で5000人撃破の実績が非常に面倒くさいです。
これは実績狙いの方なら確実に最後に残る実績かと思われます。
wikiにも載っていたんですが、一番解除しやすいのが、ラオウに装備技能の「○○の極意」を装備させて、黒王号で突進しまくるのが一番稼ぎやすいです。



「○○の極意」の取り方ってことなんですが、とりあえずラオウの場合の経絡究明図だとこの位置になります。
DSC05277.JPG


「北斗神拳の極意」はこちら。




DSC05276.JPG

「南斗聖拳の極意」はこちら。





DSC05279.JPG
「有情拳の極意」はこちら。
これらを装備して、黒王号に乗って敵に体当たりし続ければ、かなりの速さで達成できます。
もちろんこれらを入手するのにも技能ポイント稼がなくてはならないので、無駄に時間は掛かりますが^^;
それにしてもこの無駄に多いスキルツリーはなんなんだとww
RPGじゃあるまいしw

ステージは幻闘編のサウザー、シンの章最終話が個人的にオススメ。
特にシンの章最終話はなんとなく敵の沸く量が多い気がするw
コツとしては敵将は殺さないでおきましょう。敵拠点を潰しても、敵将がまた潰し返してくれるからです。
時間を掛ければ一回の戦闘で、700~1000は撃破出来ます。


DSC05274.JPGたしかに無双シリーズの中では面白い部類ではあるのですが、やっているうちにドンドン悪い点ばかりが見えてくるのがやはりコーエーマジックと言うべきでしょうか?
上で挙げた点もさることながら、とにかく敵の硬さがウザイったらないですね^^;
それとどうなんでしょう、使えるキャラが少なくね?
シュウやユダ、リュウガ、ジュウザとか出てくるのに使えないとはねw
個人的にはジード、ハート、アミバ、牙大王、フドウなんかのチョイキャラも使えたらかなり良かったと思うんですがね~。これは次回作があるならその時ってことなんすかね?

にしても、配信されている原作コスチュームが一着240MSPとはけしからんにもほどがありますね。
原作コスこそ隠し要素で収録しとけや!と。
とにかくやってるうちに作業的になっていくのはさすが無双シリーズは治らんな~と。

そんなこんなで色々言ってはきましたが、異色のコラボで、続編の可能性も大いにありえそうなので、それにはちょっぴり期待しましょうかね^^トロイ無双にもね♪

とりあえずはラオウを出すまではプレイしてみましょう♪あと、幻闘編ジャギの章のアミバとの掛け合いは非常に面白いですよ♪

拍手[2回]

プロフィール
SYOUTA I's Gamercard
TweetsWind
HN:
johnny
性別:
男性
職業:
職人目指して奮闘中と思われる
趣味:
ゲーム、音楽鑑賞、二度寝。音楽聴きながら外歩くのっていいよね♪
自己紹介:
ユーザーネーム、
xbox360、xboxone:johnnyslife si
PS3、PS4、PSvita:johnny-SI
Steam:johnnyofjohnny

xbox360大好き人間!!海外ゲームばっかやってます♪
いっぺん世界中を旅してみたいものです・・・。とりあえず、もっかいアメリカに行きたいな~^^
スライドショー
ゲームのSS(主にSkyrimの風景)とリアルの風景を撮ってます(現在テスト運用中)
最新コメント
[04/05 http://phongkhamdakhoaquocte.com/kham-nam-khoa-o-dau-tot-tai-tphcm.html]
[03/16 cat bao quy dau duoc thuc hien nhu the nao]
[02/24 http://suckhoenamkhoa.com/]
[02/04 http://suckhoethuongthuc.org/]
[01/29 http://saigonsongkhoe.net/]
[01/13 gas em osasco]
[01/06 CheesterDob]
[01/05 agen judi togel]
カウンター
Copyright ©  johnny's life!! All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]