忍者ブログ
Admin / Write / Res
xbox360LOVEなjohnnyのプレイ感想、ちょっとした攻略、ゲームのニュースなどなど。オープンにネタバレしてるのでご注意を。
<< 08   2017/09   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30     10 >>
[1164]  [1163]  [1162]  [1161]  [1160]  [1159]  [1158]  [1157]  [1156]  [1154]  [1153
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 

どーもjohnnyです。
バイオハザード7、クリアしました。
プレイ時間は7時間56分。短いように感じますが、内容が非常に濃くて最後までドキドキしながら楽しく遊ばせていただきました♪ 

すでに情報は無数に出回っているので盛大にネタバレしてもいいかなという頃合かなぁと思いましてねww

とういことで、後半の紹介と勝手な考察、感想でございます。 

拍手[1回]





前回は変異マーガレットまでご紹介したので次なるボス、変異ジャック戦。

このボスって変異ジャックなの?それとも変異ルーカス?
喋ってる内容的にはジャックっぽいけどジャックならルーカスどこいった?wwよそ見でもしてストーリースルーしちゃったかな?詳細解る人教えてくださいww

体中にある無数の目が弱点で銃器を駆使し、エリア移動を最大限に利用したこのボス戦は強敵ながらどこかゲーム的で個人的に凄い楽しいボス戦でした。最高難易度は倒せる気がしないww

その前のベイカー夫妻は終始手応えがなかったんですよね・・・。


2人のヒロインを助けるために入手した血清を変異ジャック(ルーカス?)に使用したため残る血清は1本。
ボス戦後は婚約者のミアか協力者のゾイ、どちらか一人しか助けることが出来ない究極の選択へ。
悩んだ結果、ゾイを助けることに。だってミア、取り憑かれて散々振り回されたんだもんww

選んだヒロインでEDが変化するそうです。



このあとは色々ありました。
ミアの操作パート、ミア、そしてベイカー一家、元凶の少女エヴリン真実。そして浮かび上がる謎の組織。

あれだけ一家総出で暴れまわっていたベイカー一家。実は何の罪もない完全な被害者であったのです。

家族が欲しい・・・歪んだ愛を欲したエヴリンにカビを植えつけられて異形の力を与えられ、精神を支配されていたようです。

精神世界で主人公に真実を語りかけてくるジャックお父さんは本当に優しそうでなんか大量の弾やチェーンソーゴリゴリ当ててごめんなさい・・・。




終盤戦となる坑道、研究所エリア。
さすがは終盤、モールデッドが集団で現れたり、無限湧きする場所さえあるのでここが戦闘の山場ですかね。
そしてデブモールデッド2体同時戦は辛かったな~。ぶっちゃけ戦闘に関してはここが一番難しかったかも。


そして今作の元凶、エヴリンとの最終決戦。
道中で入手した専用の血清をエヴリンに打つ主人公。

その姿は実は少女ではなく、車椅子でたびたび主人公の前に現れていた老婆、それこそが本当のエヴリンの姿でした。

道中あるファイルを読んでいくと組織の実験を受けていたエヴリンは日常的に投薬を続けないと急激に細胞が劣化して老いるそう。

ベイカー一家に拾われて以降、投薬が止まったため細胞が著しく劣化、老婆になってしまったとのこと。

少女の幻影を見せられてきた一家はいつまでも少女を想っていたがため、老婆と化したエヴリンは存在すら忘れられたのだろうか?(ファイルにあった医師の診断書とか老婆エヴリンを連れ出したのはゾイか?ルーカスか?)

ベイカー夫妻は少女エヴリンのことを崇拝するかのように語ってたけど、老婆と化したエヴリンに関しては話してすらいなかったと思うし。

血清を打たれ真の姿を晒したエヴリンが放った「どうして皆私を嫌うの!?」の台詞がなんとも心を打ちました。
歪んだ形で家族を手に入れたように見えて実は誰にも見向きもされなかった・・・そんなエヴリンがなんとも哀れで可愛そうに感じました。

終始悪として描かれてきたエヴリンも組織に振り回されてきた1人の被害者だったのかもしれない。そんな印象を受けました。


ラスボス戦は打って変わって非常に単調。
動くことも出来ずひたすら接近してくるエヴリンの顔を銃で撃つだけ。


エヴリンを倒し、満身創痍の主人公。
ヘリが到着し遅い救助がやってくる。そして主人公の前に現れる謎の男の衝撃の正体、そして裏で蠢く聞き覚えのある組織の名前が明らかになりここでED。

ファンなら誰しもえぇぇ!?ってなること請け合いw
クリアするとクリア特典を入手。



そんな感じで後半の展開を解説しながら紹介してみました。
上述のストーリーのお話はjohnny独自の考察なのであまり突っ込まないでいただきたいw


一見するとプレイ時間約8時間とボリュームが少なめに感じる印象ですが、これが充分過ぎるほど濃い内容。逆に何十時間もプレイ時間が長く掛かると飽きちゃうかもしれないので。

バイオとしては全く新しい世界観にも関わらずシステム面は過去のシリーズを継承したかのような内容で親和性が非常に高め。
非常に少ないアイテムをどうやりくりするかといった悩みどころや恐怖に焦点を当てた今回のバイオはサバイバルホラーとしての原点回帰を見事に成功させたと感じました。

ラストの展開は衝撃があれど同じ時系列であることを認識させて、今後の展開にも期待を持ってしまいます^^

そうだなぁ、目に付いた欠点を無理やり挙げるとすればロード時間が全体的に長い(テープを見終わった後から戻ってくるときが顕著)、
あとじっくり探索したいのにうろついてるベイカー夫妻がだんだん鬱陶しく感じちゃったこと。復活までのスパンが短すぎるんだよなぁ・・・^^;


古参の主要メンバーの展開も気にはなりますが、あわよくば以降のバイオもこの路線でやって欲しいですね♪

あと少しでDLCも解禁されます。これで更に今作のやや説明不足なストーリーの保管をしてくれたらいいなと思います。


           
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
プロフィール
SYOUTA I's Gamercard
TweetsWind
HN:
johnny
性別:
男性
職業:
職人目指して奮闘中と思われる
趣味:
ゲーム、音楽鑑賞、二度寝。音楽聴きながら外歩くのっていいよね♪
自己紹介:
ユーザーネーム、
xbox360、xboxone:johnnyslife si
PS3、PS4、PSvita:johnny-SI
Steam:johnnyofjohnny

xbox360大好き人間!!海外ゲームばっかやってます♪
いっぺん世界中を旅してみたいものです・・・。とりあえず、もっかいアメリカに行きたいな~^^
スライドショー
ゲームのSS(主にSkyrimの風景)とリアルの風景を撮ってます(現在テスト運用中)
最新コメント
[09/15 professional painting contractors]
[09/15 1/2 Price Pro Calgary Painting]
[09/12 1/2 Price Pro Calgary Painting]
[09/04 stucco painters]
[08/15 カルティエ時計コピー]
[07/29 eso gold ps4]
[07/29 eso gold for sale]
[07/28 elder scrolls gold]
カウンター
Copyright ©  johnny's life!! All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]