忍者ブログ
Admin / Write / Res
xbox360LOVEなjohnnyのプレイ感想、ちょっとした攻略、ゲームのニュースなどなど。オープンにネタバレしてるのでご注意を。
<< 07   2017/08   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31     09 >>
[1028]  [1027]  [1026]  [1025]  [1024]  [1023]  [1022]  [1021]  [1020]  [1019]  [1018
    
昨日届いたThe Evil Within。
日本ではサイコブレイクとして今週発売予定の期待作が届きました!!
海外版となるWithinはパッケージイラストが3Dのスリーブケース付きでした。(画像では解り難いけどw)
 
とりあえず触りをプレイしてみたのでご紹介を。
 
注:非常にグロテスクな画像を含むため、ここから先は閲覧注意で。


























 
チャプター1の最初の画面。さすがは次世代機。グラフィックが綺麗ですね!
コートに雨水が付いて少しずつ染みて色が変わっていく様子が非常にリアルでした。

あーちなみに言語は残念ながら日本語は含まれず・・・・ww
上下の黒味がやや邪魔くさいかも。オプションでは消せませんでした。綺麗な映像を堪能したかったので、映画調な演出よりもフルスクリーンのほうが良かったかな~^^;



なんやかんやあって急にヤバい肉屋さんに送られておぞましい感じに。ここからwithinの本領発揮w
なんだか臭いまでしてきそうなクオリティ。これはホント苦手な人はダメなんだろうな~と本気で思う^^;

 
作業台に横たわる解体途中の肉塊。うん。久々にグロゲー遊んでる感じwwちなみに垂れてる腸と思われるものもブラブラしている気の入れよう。

ちなみに日本版ではゴアモードを導入しても表示されないとのこと。

 
んで、作業台に見入っていたらおじさんに見つかっちゃってゲームオーバーのシーン。
プレイヤーキャラにも欠損模写が用意されてるのはjohnnyが遊んだタイトルではDead space以来かもしれない。

こちらも間違いなく国内ゴアモード修正対象だと思われる。


チャプター1では基本逃げ続け。
たびたび襲いかかってくるチェーンソー男から逃げ回りながらゴールを目指すといったもの。ここで重要なステルスシーンをチュートリアルする感じ。
空瓶を投げつけて注意を引きながら進んでいくことになりますが、なかなかクセのある敵の挙動に慣れず、何度か見つかって殺されてしまいました・・・。難しいぞ・・・・。



画面上部に目玉アイコン。これで敵が近くにいることと、バレた際の警告が一目でわかります。
ただ、初期のオプションではこれがOFFになってるんで、調整。知らずに何度死んだことか・・・。
それにしても敵の急な千里眼っぷりはやや理不尽に感じちゃうことも・・・。


 


 
チャプター2からはいよいよちゃんとしたアクションパートに。


敵は非常に固めで、初期のリボルバー無強化でヘッドショット3発とゆう硬さww
入手できる弾数が少なく、ステルスが重要になってくる感じがします。

あとエイム時に中途半端なズームがかかるので、慣れないと非常に当て難いです。


ちゃんとステルスキルもできるんですね!!
変に敵の注意を逸らすよりも、走って後ろから近付いて倒したほうが速いかもw
空き瓶投げつけたら逆に気付かれるんだもんww


エリア内にはトラップの数々。これは自分で解除することも可能だし、敵を誘導して引っかけたりすることも可能。

とりあえず敵がまだ大したことなかったのであまり活躍せず。

 
プレイヤーの強化もできるようにありました。
体力、スタミナ回復量等プレイヤー強化のアビリティ、武器の性能強化のウエポン、弾数や要否アイテムの所持数を増やすストックの3種類。
消費ポイントは序盤ではかなり高めに設定されているので、それを選んでいくか悩みますね~^^


 
チャプター2まで遊んでみましたが、グロに関しては近年稀にみるレベル。世界観、敵、プレイヤーまでもがグチャグチャになるゴア模写は全く容赦なく、開始直後から充分堪能できましたwグロゲーファンはマストアイテム間違いなし。

ただ、日本版での予約特典であるゴアモードは発表時の話題とは裏腹に完璧なオリジナルを遊ぶことができないため、純粋にグロゲを望むなら海外版を強くオススメします。
国産なのにオリジナルを遊べないとは、国内のゲーム業界は世も末かも^^;


そしてホラー要素はリリース前からのイメージと変わらず、かなり浅い感じ。
特に鼻についたのが主人公セバスチャンの何とも言えないクール感、ハードボイルド感。
あのような窮地に追いやられてもほとんど物怖じしない。おぞましいチェーンソー男に見つかっても「shit...」な具合でクールだし・・・足を切られ、引きづりながら命からがら逃げ切ったらタバコ吸おうとするし。

クールでかっこいい主人公は良いんだけど、johnny的にはもっとパニクった感じのほうがこっちまで怖がっちゃうもんだと思うんですがどうでしょう。
まずこれで興醒め状態。

 
そしてもう一つがやたらと大げさな映画的演出。
これはバイオ6を挙げると解りやすいかと思いますが、あんな感じ。
倒壊するビル群を神業の如くすり抜ける主人公たちが乗車した救急車、その直後の崖ダイブ。
ウ○スカーの如く瞬間移動しまくって周りの警備員達を葬っていく謎の男等々、派手派手の演出がプレイ開始序盤から怒涛に押し寄せてくるので、キョトンすること請け合い。

開発が初代バイオのスタッフ陣とのことで、オマージュっぽい箇所もいくつか確認。
ファンならニヤリかもしれんが、上記な展開の後なので最早笑えない。

 
ゲーム性は例えるならラスアス調なイメージ。敵の引き付けとか色々クセのある部分はあるものの、これはアクションゲームとしては普通に面白いかも。ただ、おかげで真新しさはないかなw

人それぞれあるかと思いますが、恐怖演出は今のところ最悪ですが、とにかくグロが光るタイトルなので、ストーリーよりもゲーム性を重視するならやっぱり海外版がオススメかも。

てか、まだ序盤しか遊んでないのによくこんなことが抜け抜けと言えたなーと言われるかもですが、序盤からかなり色んな意味できつかったのでご報告。
これから遊んでいけば印象は大きく変わるかもしれませんねー!!

拍手[6回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
日本版オススメだよ!笑
タイトルは嘘です。笑
ジョニーくん画像を見て、
うんうん、そこ修正されてると頷いてました。笑
雰囲気がゴアだから、規制無しならゴアゴア感たっぷりだね!(^_−)−☆
とにかく死にまくりのゲームだから、心折れないようにしないとね〜。
安くなったら海外版でも買おうかな?笑
スチールブックとサントラCDは良いコレクションになりました。笑
しゅー爺 2014/10/26(Sun)14:15:20 編集
日本版オススメだよ!笑
タイトルは嘘です。笑
ジョニーくん画像を見て、
うんうん、そこ修正されてると頷いてました。笑
雰囲気がゴアだから、規制無しならゴアゴア感たっぷりだね!(^_−)−☆
とにかく死にまくりのゲームだから、心折れないようにしないとね〜。
安くなったら海外版でも買おうかな?笑
スチールブックとサントラCDは良いコレクションになりました。笑
しゅー爺 2014/10/26(Sun)17:39:41 編集
いやー、スベリましたよw
私は心が折れてしまいましたww
最後まで遊べるかどうかわかりませんね~^^;

グロ目的ならいいんですが、いかんせんゲームとしては好きになれませんでした・・・。期待していただけに残念です・・・。
johnny 2014/10/26(Sun)20:49:04 編集
プロフィール
SYOUTA I's Gamercard
TweetsWind
HN:
johnny
性別:
男性
職業:
職人目指して奮闘中と思われる
趣味:
ゲーム、音楽鑑賞、二度寝。音楽聴きながら外歩くのっていいよね♪
自己紹介:
ユーザーネーム、
xbox360、xboxone:johnnyslife si
PS3、PS4、PSvita:johnny-SI
Steam:johnnyofjohnny

xbox360大好き人間!!海外ゲームばっかやってます♪
いっぺん世界中を旅してみたいものです・・・。とりあえず、もっかいアメリカに行きたいな~^^
スライドショー
ゲームのSS(主にSkyrimの風景)とリアルの風景を撮ってます(現在テスト運用中)
最新コメント
[08/15 カルティエ時計コピー]
[07/29 eso gold ps4]
[07/29 eso gold for sale]
[07/28 elder scrolls gold]
[07/27 eso gold ps4]
[07/26 nba2k17 locker codes]
[07/23 lineage2 cheats]
[07/23 lineage2 cheats]
カウンター
Copyright ©  johnny's life!! All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]