忍者ブログ
Admin / Write / Res
xbox360LOVEなjohnnyのプレイ感想、ちょっとした攻略、ゲームのニュースなどなど。オープンにネタバレしてるのでご注意を。
<< 07   2017/08   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31     09 >>
[1031]  [1030]  [1029]  [1028]  [1027]  [1026]  [1025]  [1024]  [1023]  [1022]  [1021
  
どもー、johnnyです。
ちょこちょこと遊んでいたシャドウオブモルドールですが、ようやく実績をコンプすることに成功しました!
steamでは初めての実績コンプとなり嬉しい限り♪

とゆうことで日本版ももうちょっとしたら発売とのことなので、一部実績の攻略方法なんかを書いてみました。

比較的難易度は低めなので、解り難い様な一部の実績のみをご紹介します。



ストーリー進行系と収集系、チャレンジ系の実績は省きます。

収集系は一部全てマップにアイコンが設置されている新設設計。
チャレンジ系はどれも難易度は低め。鍵がかかってるアイコン表示のチャレンジは他チャレンジクリア後にアンロックされます。


サバイバリストチャレンジはマップ画面に入手すべきもののアイコンが左上に表示。
薬草アイコンは通常画面のミニマップに表示されます。



狩猟チャレンジのみマップ表示なし。
基本的に狩猟対象はマップ上でランダム配置なようですが、下位レベルの狩猟対象なら、だいたいどの辺でも確認可能。
LB(PS4ならL1)ボタンのセンスモードで確認が容易なので使うと楽です。

↓以下は狩猟リスト


Lv1:蜘蛛3匹
Lv2:鳥5匹(空中に飛んでいる動物種なら何でも良い様子)
Lv3:カラゴル3匹(弓ヘッドショットで2発^^b)
Lv4:ネズミ4匹(砦系エリアに無数にいる模様)
Lv5:グール5匹(夜か洞窟内にて)


Lv6:コウモリ3匹
各フィールドにある洞窟入り口に無数に潜んでます。
↑画像じゃ解り難いですが、センスモードを使うと夥しい数のコウモリがww



Lv7:グラウグ1匹
ウドゥンやヌアネンのどちらでも確認できますが、なかなかいない場合は両フィールドを行き来していると近くに出現します。
騎乗可能にして乗り込んでから殺すのが安定。




Lv8:ダイアカラゴル1匹
カラゴルのレア種で色が白いのが特徴。
ヌアネンでしか確認できなかったので、ひょっとしたらウドゥンにはいないのかも。
↑と同じくウドゥン←→ヌアネン間を行き来していると時々近くに出現します。
大体通常カラゴルと群れていることが多いようだったので、その辺に注目してみると見つけやすいかも。


 
Lv9:グールマトロン1匹
グールのレア種で意外と強敵なんですよね^^;
夜or洞窟内でグールに見つかると、しばしばグールが仲間を呼びにいくので、待ち続けていると時々出現。
最悪2匹以上出現することがあり、その場合は非常に厄介なので注意。



Lv10:角グラウグ1匹
体中の無数の角と鎧化したような皮膚が特徴のグラウグのレア種。パッと見通常種と変わり映えがないのが玉に瑕。
こちらはヌアネン、ウドゥン両方で確認。
見つからない場合は↑の方法で行き来します。
とにかくヘッドショットで怯ませられないのがネックなので、ウルクの集団を戦闘に巻き込むよう誘導したり、背後からの流血効果でカラゴルに襲わせたりしないと倒せないでしょう。
通常種と同じく、騎乗してから殺害が効果的。


力強き宿命
 
最高レベルである25のルーンを入手すると解除。
いつの間にか取得していましたが、改めて調べてみるとLv25のルーン出現にはちゃんとしたルールがあるようです。

倒したウルクのパワーレベル+倒したウルクが軍団長である(+2)
             +特性を知った(+1)
             +弱点を突いて倒した(+1)
 
             +死の脅迫を使って倒した(+1)                                          
             +リベンジキルで倒した(+1)

、、、、となっており、全ての合計値が25以上に達していればLv25のルーンを落とす確立が大幅に上がります。(死の脅迫を使うとエピックルーンも出やすくなるので注意!)

↑の計算だと、ウルクのパワーレベルは19~20で、軍団長キルじゃないと25ルーンは落とさないってことですね!!
改めてやってみると、きちんと出ました!知らなかった~w



白の乗り手

カラゴルに騎乗しながら3分以内に奴隷を30人解放するとゆうもの。
johnnyはウドゥン中央からやや北東付近を練り歩いて解除。
奴隷の周辺には数人のウルクがおり、できるだけ早く周辺のウルクを倒すかが重要。
1人に襲い掛かると、奴隷が一斉に逃げ出してしまうんですが、とっとと次のウルクを倒しに掛からないと、逃げちゃってカウント対象外となり、時間だけがロスるため。
上手くウルクを早く倒せれば奴隷解放数がカウントされるのでそれを目安に行えば意外と簡単かも。

※周辺のウルクといっても、1体倒せば複数カウントされる場合も普通にありえます。奴隷周辺のウルクをしっかり倒しきることが重要なようです。
 

 
燃える復讐
 
とりあえず、意味が解らず無駄に時間をかけてしまいましたが、結局のところ「炎上した狂戦士を処刑する」ってこと。johnnyはひたすらステルスキルしてたんですが、これは間違いww
狂戦士は二刀流のウルクのこと。前方からの攻撃が効かないアイツですw

①まず焚き火の近くにいるコイツを探すこと。どのウルクが出現するかはランダムなので、これは完全に根気よく探し回るしかありません。

②なるべく狂戦士にバレないよう近づいてから弓攻撃で付近の敵を攻撃して5コンボ以上キメて諸兄ができる状態にしておく。
弓攻撃で周りのウルクが逃げ出してしまうようなルーンを装備している場合ははずしておくことを推奨。

③5コンボ以上取った状態ですかさず狂戦士を捕まえて焚き火に向かって投げつける。

④炎上した狂戦士に処刑を行い解除。

③→④の工程はコンボの継続時間の関係で、もの凄いスピードでやらないと間に合いません!!

もちゃくちゃして敵に増援を呼ばれたりして焚き火が他のウルクに燃え移っちゃったりして消えてしまったら残念ながら①からやり直し。
焚き火を弓で爆発させることで、やや遠目の狂戦士を狙えないこともないですが、死亡する可能性もあるため非推奨。

アビリティの「アーファエルの嵐」を入手しておくと②、③の工程が不要になり非常に簡単になると思います。




ネメシス系の実績はどれも個人的に解除までの過程が好きでした♪
これら実績は「ブランド」が入手できるようになるストーリー中盤以降からになります。


酷い反乱
軍団長の護衛5人を全てブランドして戦闘で裏切らせるとゆうもの。
初期段階で護衛を5人連れている軍団長はいないので、まずは野良の小隊長を適当に見つけてきてブランドして味方に。
その後、そのウルクに目標の軍団長へ護衛につくよう命令。試練をクリアさせて護衛にさせます。これを5人になるよう調整して、護衛のウルクに軍団長への裏切り命令を出して後は軍団長を6人でボコれば解除。
スパイを送り込むとは・・・タリオンえげつないwだがそれが熱い、SoM!!


数は力にあらず
説明文には「増員権力抗争で生き残らせ、その後彼と増員された部下を倒す」とありますが、正確には生き残らせた彼(小隊長)を倒せばOK。部下まで倒さずとも大丈夫。


力の空白
「ウルクが地位を継承する前に軍団長5人を全て倒す」とゆうのが説明ですが、一見難しそうだけどこれは簡単。
ブランドした軍団長を招待して1人ずつ倒してしまうのが最も楽かも。時間さえ進めなければいつまで経っても他のウルクが地位を継承することはありません。

ただ、軍団長に護衛がいる場合は軍団長が死亡した直後に地位を継承してしまう恐れがあるので、ブランドした軍団長に護衛はつけないことが重要。



比較的つっかかるのはこの辺でしょうか?
後はほとんど簡単なものですが、マップに表示はあれど、収集品系がかなり多いのでダレないで続けられるかが鍵ですねw

何かありましたら、わかる範囲でお教えします。あまり時が経つと忘れちゃうかもしれないのでその辺はご了承くださいねww


拍手[6回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
無題
こんばんわ~、実績コンプおめでとうございます。
実績コンプとはやり込みましたね~。

私も昔はできる限り実績解除してやり込んだもんですが、最近はすっかりヌルゲーマーになってしまったのでコンプする自信は全くありませんw

あっくまん 2014/11/20(Thu)00:11:38 編集
Re:無題
>こんばんわ~、実績コンプおめでとうございます。
>実績コンプとはやり込みましたね~。
>
>私も昔はできる限り実績解除してやり込んだもんですが、最近はすっかりヌルゲーマーになってしまったのでコンプする自信は全くありませんw
>
>
johnny  【2014/11/20 00:14】
僕も昔ほどw
あっくまんさん、こんばんわ~^^
SoMは難易度的にはかなり簡単なほうでして、楽しみながら遊んでいたらいつの間にか~って感じでした^^
自分も昔ほどの熱意は全くなくなってしまいましたよ~ww
今は楽しければ何でも良い感が出てきた感じですw
johnny 2014/11/20(Thu)00:16:29 編集
無題
PC版をコントローラーでプレイするのは何か設定しないといけませんか?USBに接続するだけで操作できますか?
ななしさん 2014/11/29(Sat)18:24:08 編集
コントロにもよりますが
はじめまして、johnnyです。
お使いになりたいコントローラーはなんでしょうか?

xbox360等のコントローラーでしたら、専用のドライバーをインストールするだけで、あとはUSBのポートに差し込むだけで動かせますよ♪
(専用ドライバはマイクロソフトの公式サイトにて無料でDLできます)

PS3や他コントローラーを使用する場合はまた違うドライバ(こちらは非公式)のものがひつようとなったりするので、個人的には簡単な360のコントローラーを使用することをオススメします。

SoMでは360コントローラーのサポートがされてますが、もちろん動作しないタイトルもあるので、その場合はキーボード操作をするか、非公式のドライバが必要になるので、PCゲームでコントローラーを使用したい場合は事前に調べておくのが良いかもしれません。
johnny 2014/11/29(Sat)18:33:46 編集
無題
白の乗り手がむずすぎるー
ななしさん 2014/12/28(Sun)16:59:53 編集
無題
初めまして。PS4のをプレイしてます!
コンプまであと少しなんですが数は力にあらずがいまいちよく分からなくて解除できないんです。。
詳しく教えていただけると助かりますです!
ジェイソン 2014/12/31(Wed)01:28:23 編集
各トロフィーの質問について
ななしさん>
白の乗り手ですかー、あれは確かに厳しかったですね。
基本的に奴隷は固定のような気がするので、挑戦する前に奴隷の位置を把握してから挑むと良いかもしれません。
個人的にはウドゥンのほうが奴隷が密集している感じがしたのでオススメです^^b


ジェイソンさん>
はじめまして!johnnyです。
質問のトロフィーの件についてできる限り説明させていただきます。
ウルクの小隊長間でランダムに起きるイベント「権力抗争」のひとつに「増員」とゆうイベントが起きる場合があります。
これは目標の小隊長が他のウルク達に呼びかけて自分の戦力を増強するとゆうのが目的とゆうもの。
この時、呼びかけに応じたウルク達が小隊長に敵対して戦い始めます。
プレイヤーは敵対したウルクを小隊長にバレぬように倒して援護する必要があります。
この時、目標の小隊長が死亡または敗走した場合はイベント失敗になるのでご注意を。
呼びかけ→敵対→援護を3回ほど繰り返すと、「増員」が成功して目標の小隊長のレベルが上がります。
この後すぐに目標の小隊長を倒すことで取得できます。
最も簡単なのは事前にブランドして味方にしておいた小隊長で行うことで非常にスムーズに行うことができます。
ただし、「増員」イベントはランダムで発生するので、時間を進めてイベントが発生するのを待つ必要があります。

とりあえず以上になりますが、不明な点がありましたらご報告ください。
johnny 2014/12/31(Wed)11:39:38 編集
プロフィール
SYOUTA I's Gamercard
TweetsWind
HN:
johnny
性別:
男性
職業:
職人目指して奮闘中と思われる
趣味:
ゲーム、音楽鑑賞、二度寝。音楽聴きながら外歩くのっていいよね♪
自己紹介:
ユーザーネーム、
xbox360、xboxone:johnnyslife si
PS3、PS4、PSvita:johnny-SI
Steam:johnnyofjohnny

xbox360大好き人間!!海外ゲームばっかやってます♪
いっぺん世界中を旅してみたいものです・・・。とりあえず、もっかいアメリカに行きたいな~^^
スライドショー
ゲームのSS(主にSkyrimの風景)とリアルの風景を撮ってます(現在テスト運用中)
最新コメント
[08/15 カルティエ時計コピー]
[07/29 eso gold ps4]
[07/29 eso gold for sale]
[07/28 elder scrolls gold]
[07/27 eso gold ps4]
[07/26 nba2k17 locker codes]
[07/23 lineage2 cheats]
[07/23 lineage2 cheats]
カウンター
Copyright ©  johnny's life!! All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]