忍者ブログ
Admin / Write / Res
xbox360LOVEなjohnnyのプレイ感想、ちょっとした攻略、ゲームのニュースなどなど。オープンにネタバレしてるのでご注意を。
<< 08   2017/09   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30     10 >>
[1167]  [1166]  [1165]  [1164]  [1163]  [1162]  [1161]  [1160
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 
どーもjohnnyです。
The Surgeをやっとこさクリアしました。

コアパワー(今作のレベルに相当)73、プレイ時間27時間でした。

いやぁ難しい難しい!最後まで油断のならない難しさが続き、とてつもない疲労感すら覚えましたww





ステージは大きく分けて全6ステージでしょうか?その他にもチョイチョイと寄り道することになりますね。
 
ステージを進む毎に強力な敵がゴロゴロと出てきます。
毎ステージごとに初代ダクソのデーモン遺跡の羊頭デーモンやイザリスのなりそこないのあの初見のような絶望感が押し寄せます^^;
そんな雰囲気を最後まで堪能できましたねww

拍手[1回]








最終ステージはそんな難易度の高い今作の集大成といった感じで新規に登場する2体の敵が強すぎてもう辛い^^;

まずは人型。人型ではあるものの、人間でも機械でもない別の生命体のよう。
高すぎる攻撃力と体のギアの装備位置をランダムに変更して翻弄してくるだけでなく、接近後の尋常ならざる攻撃速度を誇ります。
まず最終ステージではこの人型をどう倒すかが最初の難題となりますね。



そして最終ステージ中盤から現れるこの結晶の集合体のようなデザインの敵は攻撃力と耐久力が尋常ではなく、特に攻撃力に関してはほとんど即死級。
攻撃パターンこそ慣れると見切りやすいのだけど、一定量ダメージを与えると分裂して小型の結晶体を出現させてきます。
この小型の結晶体も攻撃してくるし、張り付いてきて動きを止めてくるので場合によっては動きを止められて親結晶に攻撃され死亡なんてこともザラ。

また親結晶を倒すには通常攻撃では倒せず、分裂後に更に一定量減らすと崩れてダウンするようになるので接近してオーバーチャージしないと倒せません。

オーバーチャージは基本的に今作のギミックを動かすための能力であるため、これに気付くまでに相当時間が掛かってしまいました・・・><

こんな敵が後半になると同時に現れたりするんだもんな~~~^^;




そしてラスボス戦。こちらも結晶の集合体。4本脚の生き物のようです。
これも最終ボスに相応しい難しさでした。というより攻撃力がバカ高過ぎwwww

プレイヤーの攻撃は4本脚にしかダメージは通らず、足を壊すとその足にダメージは通らなくなる仕様。
特に攻撃を繰り出してくる前脚2本が厄介ですね。

実は懐に入り込んでしまえば接近戦をぶんぶんしてくるだけなのですが、如何せん攻撃の一発一発が即死級。小さなミスが命取りに。
更に接近していると全身を棘にして全包囲攻撃してくる時があるんですが、これが予備動作がほとんどないのがエグイ。

こいつに挑むために回復系、体力増加系のインプラントをガン振りすることが重要かもしれません。

このラスボス戦が一番今作のボスの中でリトライしたと思います。
そして・・・・。


なんと、死んだと思ったら人型に変化してまさかの第2形態へ!!初見で遭遇したときは苦労して体力回復もほとんど使い果たしていたので絶望で頭が真っ白になりましたww

ただ、攻撃パターンが乏しく、非常に見切りやすかったので初見で勝てました!!良かったーーー!!!!


ラスボス撃破後は攻撃力が高い片手武器、「ミメティックエッジ」を入手。
ここからは2周目へと移行します。ラスボスを倒すと強制的に2周目に突入しちゃうのはちょっと不満かなぁ~。


2周目になると敵の配置が若干変化。
1周目に登場しなかった敵が登場。そして攻撃力の跳ね上がり方が異常ww

それと各武器、ギアの強化レベルが解禁され、更にプレイヤーを強化できるようになるのはいいですね!!



 
さて、クリアしたので感想を。

とりあえず難易度が高い。これに尽きたかな~。
というのもプレイヤーの攻撃がもっさりしていることや、攻撃を受けたときのノックバック時間が長く連続で攻撃を受けやすい。

逆に敵はスーパーアーマーはもちろんのこと、動作が軽く、そして攻撃力がバカ高いのです。


 
ただ理不尽に難しく感じることこそあれど、それ以外はあんまり不満は出なかったかな・・・。

とりあえず先に進めた時やショートカットを開拓出来た時の喜びや達成感は本当に凄まじく、ソウルライクと呼ばれる昨今のゲーム群の中でも喜びを感じる部分においては今作は相当上位なほうだと思います。

そして敵の部位を選んでロックし「切断」することによってギアやジャンク品を入手していく独自のシステム。

ギアを装備していない敵の部位は脆弱なのでそこを攻撃することも重要ですし、脆弱な部位はダメージが通りやすく、その部位を叩き過ぎると狙った部位を切断する前に敵を倒してしまうこともあるため、ただ敵の攻撃をかわして当てる・・・という単調な戦闘にならず、的確な判断が地味に要求される結構テクニカルな戦闘で、最初こそは戸惑いますが、慣れてくるとその独自の戦闘が癖になること請け合いです。


そして入り組んだマップ構成は個人的にツボでした。
全部のステージのショートカットの要りこみ具合が秀逸で、あーー!ここに繋がってるんだーと発見の喜びが毎度毎度気持よくさせてくれました。

個人的には最終ステージ。最終ステージは3階層に別れていて、各階層到達後に端末を見つけて起動、MEDBAY(ダクソでいうところの篝火)施設をエレベーターで施設ごと移動させて持ってくるのが結構気持ちよくてショートカットをこういったアプローチで展開させてくるのは見てて爽快でした♪



ダクソシリーズでいうところの「指輪」の概念であるインプラント。インプラントのスロット数は道中で新しいEXOスーツを入手することで増やすことが出来ます。

インプラント含め全ての装備品にはキャパシティが設けられていて、今作のレベルに相当するコアパワー=総キャパシティ量となってる点にも注目。

細かいステ振りはないものの、このキャパシティに対してどのような装備にしようか頭を抱えさせられます。
重量の概念がないのも面倒臭くなくて個人的にgood。

あと、個人的に推しておきたい利点として戦闘中でもポーズができることですかねww
地味に嬉しかったです^^b


 
以上!長くなりましたが、難易度はかなり高いけど個人的にはオススメ!
ソウルライクと呼ばれるゲームはいくつか遊んでみましたが、なんだかんだ言って個人的にはこのSurgeが一番面白かったかな。

ソウルシリーズのインスパイアは強く受けているものの、しっかりと独自路線をいってて凄く新鮮でしたね♪

ただ、前回の記事でも述べさせていただきましたが、ゴア表現が結構キツめなので、日本版の発売はおそらくないと思います。敵の四肢を切断するのがメインシステムになっちゃってますしね。

これから購入するのであればPC版でしょうかね?もしかしたら日本語化してくださる有志の方が現れるかもしれませんwwww
ただ、PCで購入される場合は案外、要求スペックが高いのでその辺にもご注意を。


ソウルシリーズとか死を繰り返して強くなっていくような所謂マゾゲーが好きな方は遊んでみてはいかがでしょうか?ww

johnnyはすっかりマゾプレイヤーにww


ちなみに今年のE3で今作の新情報を発表するそうです。DLCでしょうかね??


johnnyは一旦Surgeを休憩して積んでたPreyとヴァンキッシュHDに明け暮れますww


     
PR
プロフィール
SYOUTA I's Gamercard
TweetsWind
HN:
johnny
性別:
男性
職業:
職人目指して奮闘中と思われる
趣味:
ゲーム、音楽鑑賞、二度寝。音楽聴きながら外歩くのっていいよね♪
自己紹介:
ユーザーネーム、
xbox360、xboxone:johnnyslife si
PS3、PS4、PSvita:johnny-SI
Steam:johnnyofjohnny

xbox360大好き人間!!海外ゲームばっかやってます♪
いっぺん世界中を旅してみたいものです・・・。とりあえず、もっかいアメリカに行きたいな~^^
スライドショー
ゲームのSS(主にSkyrimの風景)とリアルの風景を撮ってます(現在テスト運用中)
最新コメント
[09/15 professional painting contractors]
[09/15 1/2 Price Pro Calgary Painting]
[09/12 1/2 Price Pro Calgary Painting]
[09/04 stucco painters]
[08/15 カルティエ時計コピー]
[07/29 eso gold ps4]
[07/29 eso gold for sale]
[07/28 elder scrolls gold]
カウンター
Copyright ©  johnny's life!! All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]