忍者ブログ
Admin / Write / Res
xbox360LOVEなjohnnyのプレイ感想、ちょっとした攻略、ゲームのニュースなどなど。オープンにネタバレしてるのでご注意を。
<< 09   2017/10   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31     11 >>
[1139]  [1137]  [1136]  [1135]  [1134]  [1133]  [1132]  [1131]  [1130]  [1129]  [1128

どもども、johnnyです。
本日配信となったマイティーNo.9をご紹介。

今作は資金調達プロジェクトKickstarterを元に開発されたことでも有名です。
最近はKickstarterで資金調達して開発するという手法をとるゲームメーカーが増えましたよね^^
 
開発はロックマンシリーズでお馴染みの稲船敬二氏を中心とした製作陣。

ちなみにjohnnyはロックマンど真ん中世代。
FC時代からロックマンにはお世話になってました。
今作が発表されてからずっと期待してました。果たして・・・・。



ワールドワイドで展開された今作はマルチランゲージでフルボイス。
全体的にトゥーン調のポップな絵図がツボです。


操作は走って、ジャンプして撃ってと至ってシンプル。
主人公ベックが使用するバスターはチャージショットができません。
あれですね、初代ロックマンといった印象ですね。


ベック最大の能力がアクセラレートと呼ばれる能力。
通常時はダッシュ替わりに機能。
今作の敵は一定以上のダメージを与えることにより発光、弱体化します。

この状態でアクセラレートで敵に突撃することでXelと呼ばれるものを吸収し敵を倒すことができます。
このアクセラレートを使って敵をドンドン倒していくことでコンボを繋いでポイントを稼ぐことができます。
↑の%は敵をアクセラレートで倒すことができた時間で増減。%が高いともらえるポイントが上がるという仕組み。
ステージを好成績でクリアするためには必須アクションですが、クリアするだけなら意識する必要はないですね。

このアクセラレートでコンボを繋いでいくのが結構難しいのですが、慣れてくるとこれがまた何とも言えない爽快感があるんですよね^^


一部の敵をアクセラレートすることで攻撃アップ、防御アップ、移動アップ、リカバリーといった能力を獲得。能力はリカバリー以外一定時間のみ有効。

リカバリーは2個まで獲得可能。任意のタイミングでベックの体力を回復できます。ロックマンで言うところのE缶ですかね^^


OPボスや8大ボスといったお馴染みの構図がなんともニヤニヤしてしまいますww



8大ボスは任意に選んで自由に挑戦できる自由度も健在。
でもな~やっぱボスの顔が画面に並んでたり、選んでデレッデデデーーもないのがやや淡泊かなww
いや、今作はロックマンじゃないからそりゃあそうなんだけどww



8大ボスのステージは・・・どれもむちゃくちゃ難しいですねw
棘トラップのオンパレードだったり、落下死目白押しだったり。
初代~2辺りの悪夢を思い出すな~~ww
でも、昔のゲームって凄い難しかったよな~。
何度も失敗してサクサクと進める様になるのが醍醐味かもしれません。


ボス部屋まで行くと会話シーンと名乗り。ステージ選択では無かったけどここできちんと用意されている辺りもニクイですよね。
にしても今作の8大ボスや雑魚キャラ含めかなり好みデザインが秀逸ですよね!
特にボスは独特でかっこよすぎかな~。


半分以上体力を減らすと所謂本気モードに突入。
ちゃんと演出があるのが良いですよね。

ただ、鬼のように難しいステージに比べボスは結構弱いのかもww


ボスを倒すとこれもお馴染みの特殊武器を得ることができます。
ベックの能力は変形だそうなので、見た目もガラリと変わるのが良いですね。
ちなみに今作のボスにも弱点武器があるそう。

特殊武器のエネルギーは自動回復。
敵を倒すと追加回復する??

 
 
本編とは別にチャレンジモードも遊べました。
シンプルとはいえかなりテクニカルな操作を要求される今作ですから、練習にもなりますね♪
やり込み要素としても楽しめるんじゃないでしょうかね。

 
とにかく遊んでいてなんだか懐かしい気持ちで一杯になりました。
言っちゃうと世界観の雰囲気やシステムの大半は最早完璧にロックマンですw

これに関してはどうなんでしょうね、全く新しいアクションゲーと思い遊んだ方には賛否あるのかもしれませんね。

しかしながらアクセラレートという能力。
この存在でただ先に進むだけにはならず、独自の楽しみがありますね。クラシカルを感じさせてくれる高難易度なステージ群は難しいんだけど、腕を磨いていくにつれてメキメキと上達を実感できる感じがなんとも言えず、時間を忘れてついつい遊んでしまいます。
また、チャレンジモードといったものが用意されており、ただの一本道とならず、寄り道が可能なのもやり応えがあって良いです。

感じた欠点としては、死亡した後の復帰のロードが長く、せっかくのスピード感に油をさしてる感じがしてなりません。
また、ジャンプやアクセラレートはボタンちょい押しで距離に変化を出せるのですが、これが中々に誤操作して失敗につながることが結構ありました。その後のロードにまたヤキモキしたりと・・・。これも慣れでしょうかね。
 
マイティーNo.9は各プラットホームで絶賛配信中。
海外レビューは低めですが、johnnyはビックリするほど楽しんでますww
 
DLCも楽しみだな~~。

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
プロフィール
SYOUTA I's Gamercard
TweetsWind
HN:
johnny
性別:
男性
職業:
職人目指して奮闘中と思われる
趣味:
ゲーム、音楽鑑賞、二度寝。音楽聴きながら外歩くのっていいよね♪
自己紹介:
ユーザーネーム、
xbox360、xboxone:johnnyslife si
PS3、PS4、PSvita:johnny-SI
Steam:johnnyofjohnny

xbox360大好き人間!!海外ゲームばっかやってます♪
いっぺん世界中を旅してみたいものです・・・。とりあえず、もっかいアメリカに行きたいな~^^
スライドショー
ゲームのSS(主にSkyrimの風景)とリアルの風景を撮ってます(現在テスト運用中)
最新コメント
[10/21 benjamin moore advance paint]
[10/17 ceiling painters calgary]
[10/15 http://www.linux.co.uk]
[10/14 gesso em curitiba]
[10/14 Calgary Stucco Painting]
[10/09 o que é rivotram]
[09/15 professional painting contractors]
[09/15 1/2 Price Pro Calgary Painting]
カウンター
Copyright ©  johnny's life!! All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]