忍者ブログ
Admin / Write / Res
xbox360LOVEなjohnnyのプレイ感想、ちょっとした攻略、ゲームのニュースなどなど。オープンにネタバレしてるのでご注意を。
<< 09   2017/10   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31     11 >>
[1108]  [1107]  [1106]  [1105]  [1104]  [1103]  [1102]  [1101]  [1100]  [1099]  [1098
 
皆様、明けましておめでとうございます。johnnyです。
いやぁ昨年の年末は繁忙期とはいえ例年以上におかしいくらいの忙しさだったため交信が途絶えてしまいました。

改めまして2016年、今年も「johnny'slife」をよろしくお願いいたします。


さて~、いつもの如く年は過ぎてしまいましたが、昨年2015年までで遊んだゲームの中から独断で勝手にランキングをつけてしまう恒例の企画をやっていこうと思います。
独断と偏見のオンパレードですがご容赦と最後までよろしければお付き合いくださいませww


まずは2015年、良ゲー、オススメランキングです!!















10位:The Park 
オススメ度:☆☆☆(ゲームではない。お化け屋敷)
 
正直言うと、ゲームとしての質は高くなく、プレイ時間に関しては初見で1時間切っちゃうほどの低ボリューム。
ゲームというかお化け屋敷を巡るってだけの印象でしたが、遊園地が舞台という昨今のホラーゲーでは珍しい独特な雰囲気と高い音の演出によるジワジワと来る恐怖感が非常によかったなと思い10位に。
色々と改善点が目立つものの、後々の展開に期待したいです^^
お値段は1000円切ってたりと良心的なので、興味のある方は是非。
 



9位:アサシンクリード・シンジケート
オススメ度:☆☆☆☆(移動の自由と安定したアサクリを楽しみたいなら)

前作ユニティが非常に不出来な印象しか残っていなかったのでその反動か最後まで楽しむことができましたww
前作から進歩こそないものの、すでにユニティの時でも極まっていた美麗な町並みの完成度はすばらしいの一言。
更に馬車、汽車と、新ガジェットとなる「ロープランチャー」により過去シリーズ最高の移動手段の豊富さで広大なフィールドを駆け回れたのがグッド。フリーランニングによる自由度の高い移動方法を売りにしているシリーズだけあり、これらが加わったことで純粋に移動の幅が広がっただけでも充分満喫できました。主人公が2人要るってのも新鮮でしたしね。
バグも少なく快適でしたし。

しかしながら、シリーズ共通として後半から作業感が増してダレてきちゃったり、肝心のギャング周りのシステムはあんまり活かせてない感じがしてなりませんでした。

まぁ良い意味でも悪い意味でもいつものアサクリ・・・かなww




8位:アンチャーテッド・コレクション
オススメ度:☆☆☆☆☆☆☆(PSが誇る最高峰シリーズ3部がお手ごろ価格に!)

アンチャシリーズプレイ自体が初だったものですがら、過去三部作がHDで遊べるなんてこんなお得なことはないですよね♪ww
元々評価が非常に高かったシリーズだから期待して遊んだのですが、なるほどなるほど高い訳だとwこりゃあ面白いw
探検物だからてっきり謎解きとかがっつりあるんだろうな・・・・と思いきや銃撃戦とかが多くてサクサク遊べますし、何より主人公ネイトと相棒のサリーの掛け合いが物凄く楽しいww
そんな調子だから一度はじめたが最後、止め時が見つからないんですよねww

今年4月には完結編?となる4が発売されるということなので、それまでにはきっちり遊んでおこうと思います。




7位:メタルギアソリッド5・ファントムペイン
オススメ度:☆☆☆☆☆(話題性は2015最強、ストーリーはシリーズ・・・・・!?)

 シリーズ最新作にしていよいよクライマックスかと思えば物凄く中途半端なところで終わってしまい非常に残念な出来だったストーリーですが、肝心のゲームシステムはPWのものを引き継ぎつつ大幅進化。
シリーズ初となるオープンワールド化により大幅に広がったことや武器選択やバディといった相棒選択による潜入の自由度が非常に高まりましたよね。そして次世代機最高クラスの美麗グラは初プレイ時は衝撃ものでした。

このクオリティで協力プレイができたらどんなに楽しかっただろうか・・・・w




6位:スプラトゥーン
オススメ度:☆☆☆☆☆☆☆(任天堂の新たな可能性を見た・・・!!)

2015年最も挑戦的で成功を収めたタイトルは?と聞くと今作を挙げてしまうかもしれません。
やはり任天堂がガチシューターを出すとは当時想像もできなかったな~。チャーミングで独特の雰囲気を持つ世界観と相まって最高ですよホント。

唯一粗を探すならストーリーモードが簡素だったのがもったいなかったかな。
この勢いだといずれ間違いなく続編出そうなので、その時が来たら次回はこの辺にも気を配っていただけると最高です!
あとはせっかくのWiiUなんで協力プレイなんかもあるとワイワイできていいかも♪
wiiU数少ない傑作の一つだと思うので、ハードをお持ちならチェックしてみて欲しいですね♪
 
 


5位:Gears of war:Ultimate Edition
オススメ度:☆☆☆☆☆☆☆☆(独自の戦いを是非!oneをお持ちならご検討を!)
 
伝説のTPSが遂に次世代機で復活を遂げました!!
原作となる初代はすでに9年前のタイトルですが、特にマルチは1キル1デスの重みや強力な武器を奪い合う手に汗握るスピーディーな戦い・・・。ギアーズは文句のつけようがない最高のマルチプレイだなと再確認させてくれました。
キャンペーンもカットシーンが一新され新鮮でいい感じ♪
惜しまれるのは日本で発売されなかったことですかね・・・。初代が日本でも発売されただけあってこれは悲しかったです。
ギアーズ4が待ち遠しいですな!!
 



4位:コールオブデューティー・ブラックオプス3
オススメ度:☆☆☆☆☆☆☆☆(ストーリー以外は良好。そろそろ未来戦から脱却を!)

今年のデューティーはシリーズで一番の未来が舞台。ロボットも出てきちゃうし・・・もう未来戦飽きたし・・・て遊んでみるとやっぱ面白いっていうねww

しかしながら今作のキャンペーンは個人的に全シリーズで一番酷かった。
今作から初となるキャンペーンのCO-OP対応となったお陰で明らかにこれは協力プレイな展開なあからさまな事態に陥ることが多く、これはCoDじゃねぇ!!感が凄いです。CO-OP自体は大歓迎だったんだけど・・・。

とはいえそれを差し引いても今作のマルチが良かったのでまぁ良かった良かった。そろそろWW2あたりの時代に戻してください。お願いします。




3位:ブラッドボーン
オススメ度:☆☆☆☆☆☆☆☆(万人向けではない。達成感はダクソ以上。)

フロムソフトウェアが放つ死にゲー新規タイトルとして登場した本作は、相変わらず尖った内容で死ぬほど心が折れることが多々ありましたが文句なしの完成度でした。
血生臭く、狂気迫る登場人物とクリーチャー達・・・といった世界観、ダクソから一転して「攻め」のスタイルで戦う戦闘システムは慣れが必要ですが、一度味わってしまったが最後、気付けば本作の虜となっていました。

リリースから約半年後に配信となった追加DLC「Old Hunters」はボス以上に道中の難易度が高く、いやらしい敵の強さや配置は初代ダクソを髣髴とさせるものがありゾッとしっぱなしでした(良い意味で)
 



2位:ウィッチャー3:ワイルドハント
オススメ度:☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆(最高の投入感。ウィッチャーとして駆け回れ!)

こんなこともあったな~w

 もうとにかく凄かった・・・その世界観の作り込みの高さに。そして日本語吹き替えの質の高さに。
息を呑むような美しい世界、泥臭い人間臭さ溢れた登場人物達、主人公の行動次第で変わるストーリーや世界情勢等々、投入感が異常でした。
ユーザーの意見をしっかり汲んだ真摯な企業態度も評価せざるを得ないかもしれません。




1位:Fallout4
オススメ度:☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆(家庭版もいいけどPC版を強くオススメ!!)

昨年14日頃発売となり、johnnyとしては2015年最後の購入タイトルとなった本作ですが、並み居る強豪を押しのけ1位とさせていただきました。
進化したグラフィックにより描き出される世紀末MAXな世界観、そしてあふれるやりこみ要素の数々。
冬休み、気付いたら家ばっかり作ってた・・・なんて人も多いのではなかろうか??
特にPC版は有志によるmodで更なる遊びが提供されてます。もうニヤケ顔が止まりませんww
少ない休みですが、johnnyは連休全て使ってウエイストランド旅行しようと思いますww
 
 
 
 
 
そんな訳で昨年は滑り込みという形でFallout4を1位とさせていただきました!
皆さんは2015年はどんなゲームにめぐり合えましたか?

次回は駄ゲー編です。よろしくお願いします。


 
 
 
 

 


拍手[8回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
無題
はじめまして
ネットサーフィンしててたどり着きました
管理人さんがXboxファンなのにHaloがランク入りしてないのを不思議に思い、過去の記事を検索させていただきました
2009の駄ゲー部門の記事を見ると肌に合わないと書いてらっしゃいます
どういう部分が駄目だったのか知りたいです

もちろんランキングにケチを付けたいわけではないです
FPS/TPS含めいろんなジャンルのゲームを経験されてる方の物の見方をお伺いしたいです
ゲーム制作者を目指してる学生です 2016/01/29(Fri)04:48:43 編集
個人的な意見です
ゲーム制作者を目指してる学生ですさん>

はじめまして、johnnyです。
貴方様がもしもHALOファンでしたら不快に感じるかもしれませんがご了承ください。

当時からHALOシリーズが肌に合わないと感じる箇所が3つほどあります。




まず1つ目は操作性。
当時からCoDといったFPSを遊んでいたためか、ボタン配置がどうしても馴染めませんでした。
例えばエイムができなかったり(一部武器とかは当時からできましたけど)、ふんわりしたジャンプ辺りはどうしても「もっさりしている」と感じてしまってダメでした。

2つ目はストーリー。
長大なストーリーを追いかけるのは大変でした。
特に昨年はHALO5がリリースされるということもあり、oneを購入した際はもしかしたら買うかも?という理由でマスターチーフコレクションを買いましたけど、改めて1からストーリーを追いかけるのが苦痛でしかなかったです。
HALO5購入を断念したのはこの辺が原因かも。

3つ目はオープンワールド状のフィールド。
ある意味HALOにとって重要な部分だと思いますが、純粋にストーリーを遊ぼうとしている中でビークルに乗り込んで移動するというのが非常にダレてしまいました。


FPS/TPSを遊ぶ上でどういったことをしたいか?
例えばビークル等を駆使してチームと結束しながら協力を楽しみたいか。
それともただ純粋にドンパチを楽しみたいか。

この2つに関して言えば僕は完全に後者です。
確かにHALOにもチームデスマッチといった純粋に対戦を楽しむルールはありますけど、上記の要素も合わさってやっぱり素で楽しめません。
ゴチャゴチャしてるのがあんまり好きではないんです。
バトルフィールドも個人的にはHALOと同じ括りとして入れてしまうのでバトルフィールドもあまり遊んだことがないです。

そうなるとやはりCoDシリーズといったシンプルに戦闘を楽しめる?ジャンルのFPSに食いついてしまうのです。
FPSはシンプルで良いんです。そう考えてます。

なんだかよく解らない意見かもしれませんがww
不快に感じてしまったら大変申し訳ありません。

ゲーム製作者は大変なお仕事だと思いますが、応援してます♪

johnny 2016/01/29(Fri)20:08:14 編集
無題
返答ありがとうございます!
具体的な解説でわかりやすかったです
Haloは中途半端なのかもしれませんね
CoDのようなリニアでもなく、FOのようなオープンワールドでもないですから…
勉強になりました

これからもブログ拝見させていただきます
ゲームの感想やレビュー楽しみにしております
ゲーム制作者を目指してる学生です 2016/01/30(Sat)01:00:21 編集
プロフィール
SYOUTA I's Gamercard
TweetsWind
HN:
johnny
性別:
男性
職業:
職人目指して奮闘中と思われる
趣味:
ゲーム、音楽鑑賞、二度寝。音楽聴きながら外歩くのっていいよね♪
自己紹介:
ユーザーネーム、
xbox360、xboxone:johnnyslife si
PS3、PS4、PSvita:johnny-SI
Steam:johnnyofjohnny

xbox360大好き人間!!海外ゲームばっかやってます♪
いっぺん世界中を旅してみたいものです・・・。とりあえず、もっかいアメリカに行きたいな~^^
スライドショー
ゲームのSS(主にSkyrimの風景)とリアルの風景を撮ってます(現在テスト運用中)
最新コメント
[10/17 ceiling painters calgary]
[10/15 http://www.linux.co.uk]
[10/14 gesso em curitiba]
[10/14 Calgary Stucco Painting]
[10/09 o que é rivotram]
[09/15 professional painting contractors]
[09/15 1/2 Price Pro Calgary Painting]
[09/12 1/2 Price Pro Calgary Painting]
カウンター
Copyright ©  johnny's life!! All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]