忍者ブログ
Admin / Write / Res
xbox360LOVEなjohnnyのプレイ感想、ちょっとした攻略、ゲームのニュースなどなど。オープンにネタバレしてるのでご注意を。
<< 09   2017/10   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31     11 >>
[1062]  [1061]  [1060]  [1059]  [1058]  [1057]  [1056]  [1055]  [1054]  [1053]  [1052
 
どもどもjohnnyです。
発売からここまで、時間があればひたすら遊び抜いたブラッドボーンですが、よーーやくトロフィーコンプリートとなりましたのでご報告。

明日発売となるゼノブレイドクロスまでに間に合って良かった良かった^^

にしても久々に遊び抜いたなーって感じでしたww









ブラボ含むソウルシリーズのトロフィーや実績は、「難しくないものの手間は掛かる」

そんな中、ブラボに関しては他シリーズよりもコンプまでの難易度はやや低め。
ほとんどのトロフィーは1周目でも探索しきればそれなりに解除されるものばかり。一部は3種類あるエンディングを全て見なければならないといけなかったりと、やや面倒なものも無きにしも非ずですが、ルートを工夫して最短の道を進めばそこまで苦労しないですし、色々方法はありますね。

問題は「トゥメルの女王、ヤーナム」のトロフィー。
他のサイト様やブログ様が挙げている通り、本作最難関のトロフィーで間違いなし。

これはストーリーとは関係ないやり込み要素である「聖杯ダンジョン」の最奥にいるトゥメルの女王、ヤーナム嬢を倒すというもの。

彼女までの道のりは長く、各3階層(深きトゥメルは4階層。3階層まで進めばOK)からなる聖杯ダンジョンをクリアしていくことになります。

                 トゥメルの聖杯
                    ↓
                中央トゥメルの聖杯
                    ↓
                深きトゥメルの聖杯
                    ↓
                  冒涜の聖杯
                    ↓
               トゥメル=イルの大聖杯

道のりはこんな具合。
また、ダンジョンを解放するために必要な儀式の素材が必要になる場合は違うダンジョンも散策しなければならないのです・・・。
johnnyは「ローランの落とし子」入手のために痛めるローランの聖杯、「レッドゼリー」入手のためにイズの大聖杯等にも行ったためかなり時間が掛かりました。



んで、女王がいらっしゃるトゥメル=イルまでの道のりの中でとにかく難関だったのがこれも皆様言っておられるのですが、「冒涜の聖杯」の難易度が鬼です。マジに。

特にキツイのは冒涜内部ではプレイヤーの体力が半分になるとゆうこと。
また冒涜の聖杯の深度は4。(深度はダンジョンの難易度。最高深度は5)おかげで敵の攻撃力、耐久力も非常に高く、難易度が跳ね上がってます。

道中が難しいのもさることながら、各階層ごとに待ち構えているボスはもはや鬼畜の域。

1階層目の「旧主の番人」はここまで何度も戦ってきた相手なのでさほど苦労せず。
銃パリィも通るのでパリィに慣れてさえいればさほど強敵ではありませんでした。

問題は2階層目の「旧主の番犬」。
過去に一度戦っているし、大した相手じゃなかったから簡単だろうと高を括っていたんですが、完璧に甘かった・・・。
抜群の攻撃力と驚異の耐久力を併せ持ってます。
体力のステ振りにもよるかもしれないのですが、基本30~35程度の体力なら突進で1撃死、他攻撃で8~9割もっていかれてしまいます。

番犬の体力が非常に多く、ご覧の有様な攻撃力なので一発当てたら回避とゆうガチなヒット&ウェイを必要とするため、否が応にも長期戦となり集中力と忍耐の勝負に。
少しでも気を許せば瞬殺です。
johnnyはコイツを倒すのに2日ほどかかってしまいました。死んだ回数も今作最高を記録。心が折れるとはまさにこのことでした。


倒した時の武器は千景。とゆうか千景以外はロクに鍛えていなかったのでこれで挑むしかなしw
基本は番犬の左右首振りを誘発させたらステップで潜り込んで前足を切る・・・の繰り返し。
地面にマグマを吐いてる時は3発。前足の硬質部分が剥がれて転んだら4発。それ以外は1発当てたら次の首振りまで回避に専念。
変に攻撃を加えすぎていると急に予備動作が短い突進を仕掛けてきたりと本当に怖いので基本1発即回避。
体力が6割ほどになると、首振りの合間に頭突きや大きく左に噛み付き薙ぎ払い等混ぜてくるようになるので更にこちらの攻撃のチャンスが減ってしまいますが、ここはひたすら我慢。右への首振り後に連続で左薙ぎ払いが来ることが多いので深追い厳禁。
3割ほどになると攻撃の間隔が短くなり接近してくるスピードが上昇。更に危険に。最悪左首振りが出るまで回避専念。
これでなんとか倒すことができました。本当に泣きそうになったww


3階層目は「アメンドーズ」。
本編でも登場するボスですが、リーチが非常に長く、攻撃力もバカ高いボスでお馴染み。
冒涜では番犬同様攻撃力と体力が非常に高くなっており、同じく長期戦となりましたが、番犬戦で嫌とゆうほど絶望を味わったので、もはや敵では無し。



トゥメル=イルのボスも1階層目「トゥメルの末裔」、2階層目「獣血の主」も紛れもなく強敵。
特にトゥメルの末裔は隙が全くないので体感的には冒涜のアメンドーズ以上。
ただ、番犬戦でjohnnyの集中力と忍耐が鍛えられたのか、銃パリィでなんとか撃破。末裔は体力低下から2刀持ちに切り替えてからのほうが見切り易い気がしました。

ラストに待ち構えている目的の女王様。
最奥ボスとゆうことで強敵であることには変わりないのですが、ここまでの道のりが過酷だったのと、間違いなく苦難の末に成長を遂げていたのでw苦労はしませんでした。


なんとかトロフィーコンプでき、隅々まで遊び尽くした気がしているので、ブラボの総評としては、一部荒は目立つものの、ソウルシリーズ伝統の高い難易度とそれを切り抜けた達成感は今作でも充分過ぎるほど発揮されており、johnnyは寝ても覚めてもブラボブラボ。中毒の域にまで達していたと思います。

防御を廃しスピードを追求した戦闘システムはソウルシリーズでは味わえない新しい緊張感と駆け引きを生んでおり、また仕掛け武器とゆう今作独自の装備による子気味の良いテンポある攻撃系統が絶妙なスパイスとなっています。
ダメージを受けても即座に攻撃することで一部体力を回復するリゲインとゆうシステムもスピード感を損なうことなく手軽に回復できる手段として仕掛け武器同様今作の戦闘システムを盛り上げていますね。手軽ではあるが回復力は低く、憶すれば逆にピンチを招いてしまったりと決して万能ではないとゆうこの絶妙なバランスに感動しながら遊んだものです^^


そしてなんといっても恐ろしく狂気に満ち溢れオドロオドロとしたこの世界観が特に気に入ってしまいました。
もはや歩いているだけでもその存在感に圧倒されていたので、探索に関して言えば過去のソウルシリーズ含め最高峰。歩くだけで楽しかった。
敵や登場人物のデザインも本当にドツボ。獣と化した異形の敵達は気持ち悪さや不気味さが見事。PS4とゆう次世代ハードの性能を活かした体毛のモサモサ加減や血に乾いた獣のような皮のビロビロ加減は当初とにかく感動しましたよ。

BGMもブラボの世界観にしっかりマッチしており、オペラを交えた不気味且つ迫力ある曲はどれも良い感じですが、特に「聖職者の獣」のBGMはなまらかっこよくて鳥肌が立ちました。


褒めちぎっているブラボですが、上記で述べたように一部荒が目立つのも事実。

まずはバグ。
レベル上げに必要な人形が急にスタート直後の「打ち捨てられた・・・」な状態になって機能しなくなったり(何度か狩人の夢を行き来すれば元に戻る)、落とした血の意志が全く見当たらない(バグじゃないかも?)、倒した敵が地面に落ちてアイテムが拾えない等々。

一番頻発したのがプレイヤーが死亡した後、ロードに入らずそのまま画面が切り替わらないとゆう現象。
これが発生すると、ボタン操作が右スティック以外利かなくなり、アプリケーションを強制終了する必要があるし、セーブデータがぶっ壊れそうで本気で怖い思いをします。


バグ以外ではマッチングですかね。
とにかくマッチング率がよろしくなく、レベル差によっては全くマッチングがしないとゆう現状。
レベルが高過ぎるプレイヤーが参加すると、ゲーム難易度が崩壊するってことで、作り手の考えは解らないでもないのですが・・・・。
合言葉によるマッチングの制限等を掛けられるようになり、手軽にフレンド共遊べるようなったにも関わらず、肝心のマッチングがこういったシステムではいつまでたっても遊べないし、なら一緒に遊びたければ、レベルを調整しろ。それではちょっと楽しめない感じがします。

やり込み要素として聖杯ダンジョンがあるので、せめてこのダンジョン内ではレベル制限はなくしてでも手軽にマッチングして遊べればよかったな~と素直に思います。難易度もっと上げてくれてもいいから・・・。

この辺は次回作があれば期待したいと思います。



長々とお送りしてきましたが、なんだかんだでPS4最高の良作であることは間違いなし。
確かに難易度は高く難しいので万人向けな内容ではありませんが、個人的にはPS4をお持ちなら是非とも一度は遊んでいただきたいタイトルですね!!本当にPS4持ってて良かった。数年に1度の名作に出会えました。

明日にはゼノブレイドクロスやらいくつかの新作タイトルが出ますが、時間があればブラッドボーンでまだまだ遊んでいきたいと思います^^>
本当、サイコーー!!!!



 

 








拍手[4回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
プロフィール
SYOUTA I's Gamercard
TweetsWind
HN:
johnny
性別:
男性
職業:
職人目指して奮闘中と思われる
趣味:
ゲーム、音楽鑑賞、二度寝。音楽聴きながら外歩くのっていいよね♪
自己紹介:
ユーザーネーム、
xbox360、xboxone:johnnyslife si
PS3、PS4、PSvita:johnny-SI
Steam:johnnyofjohnny

xbox360大好き人間!!海外ゲームばっかやってます♪
いっぺん世界中を旅してみたいものです・・・。とりあえず、もっかいアメリカに行きたいな~^^
スライドショー
ゲームのSS(主にSkyrimの風景)とリアルの風景を撮ってます(現在テスト運用中)
最新コメント
[10/21 benjamin moore advance paint]
[10/17 ceiling painters calgary]
[10/15 http://www.linux.co.uk]
[10/14 gesso em curitiba]
[10/14 Calgary Stucco Painting]
[10/09 o que é rivotram]
[09/15 professional painting contractors]
[09/15 1/2 Price Pro Calgary Painting]
カウンター
Copyright ©  johnny's life!! All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]