忍者ブログ
Admin / Write / Res
xbox360LOVEなjohnnyのプレイ感想、ちょっとした攻略、ゲームのニュースなどなど。オープンにネタバレしてるのでご注意を。
<< 09   2019/10   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31     11 >>
[1056]  [1055]  [1054]  [1053]  [1052]  [1051]  [1050]  [1049]  [1048]  [1047]  [1046
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


いよいよ本日発売となりました、フロムソフトウェアの新作、ブラッドボーン。

DL版早期予約にて本日0時より先に解禁。早速5時間ほどプレイしたのでご紹介。

いやー期待通りの良作ぶりでしたよ!!

拍手[5回]






最初はキャラクターの作成から。
性別はもちろん、相変わらず細かく設定が可能で、過去のソウルシリーズはややクセのある顔立ちだったのに対して、今作ではイケメン、イケジョキャラが簡単に作れるのはいいですね!!


とりあえず完成。
ソウルシリーズ同様、素性のようなものを設定可能。初期ステータスが変わるので、慎重に選びたいものです。

今作ではステータスが比較的少なめでゴチャゴチャしておらず、ステ振りで悩む必要がやや軽減されている感じ。

新しいステータスとして血質と神秘がありますね。
血質は銃の攻撃力、神秘は・・・よく解りませんww



最初に登場する敵に倒されると、「狩人の夢」へと移動。
ここでは人形(ソウルシリーズでゆう火防女のポジション)によるレベルアップと武器の強化、アイテム購入、アイテム保管庫、聖杯ダンジョンへのアクセスなんかがあるベースキャンプのような場所。

これらアクションを行うには、血の遺志(ソウルシリーズに登場するソウルに相当)が必要に。
血の遺志はソウル同様、死亡するとその場に落としてしまいます。

また今作では一部の敵に血の遺志を奪われてしまう場合があり、そうなった場合、奪った敵を倒すことで再取得可能。血の遺志を奪った敵は目が青白く発光していました。

また人形へのアクセス、聖杯ダンジョンへはある程度ストーリーを進める必要あり。

初めてここへ訪れると、初期武器をいくつかの中から選んで装備することができました。
johnnyはずーっと使おうと思っていた「獣狩りの斧」と「獣狩りの短銃」をチョイス。



戦闘時の操作は一部ソウルシリーズから流用。
R1弱攻撃、R2強攻撃。R2は長押しでタメ攻撃。L1で変形武器の場合は変形。L2で銃発射。L2は変形した際に両手持ちになる武器の場合、銃は撃てず、専用モーションになります。

△で輸血液使用(回復)、□で装備アイテム使用。×で回避。
回避は敵をロックオン中の場合、ステップに変化。

銃を使用する際に水銀弾が必要になりますが、これは有限。万が一弾切れした場合は十字キー上で自分の体力を消費して弾を生成できます。


L1の武器変形ですが、攻撃中にL1を入力すると、攻撃しながらの変形となります。
コンボとして繋げられることができ、これがまたなんともいえないかっこよさ!
ついガッシャンガッシャン変形させてしまうんですよねww



今作の新システム、リゲイン。
攻撃を受けた際に、素早く反撃することで体力を回復させることができる優れもの。
↑画像左上の赤いバーが体力ゲージなんですが、オレンジに変色している部分が攻撃を当てれば回復できる余地があるとゆうこと。
ただし、さっさと当てないとオレンジ部分が無くなっちゃったり、この状態でもう一発敵の攻撃をもらうと、無くなってしまうので、ゴリ押しで何とかなるとはいきませんww




やや特殊ですが、パリィとバックスタブも可能。
パリィは敵が攻撃してきたタイミングで銃を撃つことで怯ませることが。
バックスタブは気づかれずに敵の背後に接近して、タメ攻撃を当てれば怯ませることができます。
怯ませた状態で敵に接近して攻撃すると、ソウルシリーズでゆう致命の一撃、「内臓攻撃」が使用できます。
これもまたモーションがいちいちかっこいいんだよねww

パリィは今までのシリーズに比べればかなりキメ易くなっているように感じましたので、狙ってみてもいいかもしれません。



それにしても最初のフィールド、ヤーナム市街が広いですね~!!
探索が楽しすぎて画像撮る暇がありませんでしたww

なんと早くもパッケージの衣装である狩人シリーズを入手!!かっくいぃ!!!
排水溝のようなエリアの崖っぷちで入手。

 
最終的に到達した先で待っていたのは、初ボスである「聖職者の獣」戦。
プレイ動画やムービーではお馴染みのあの方ですね♪

実際に見ると大きな体になびく体毛、最初のボスとは思えない存在感で襲ってきます。

ただ、意外と動きは緩慢で、遠くから動きを勉強しながらチクチク攻撃してたら結構あっさり倒せましたww珍しく死ななかったww


いやーそれでも達成感、半端ないですww



んで、もうちょっと先に進むとあのガスコイン神父戦に!!
胴が見る限りじゃ、攻撃が苛烈過ぎてこれ倒せないだろ!!って思ってたあの神父様が速くもボス2戦目に・・・!!!!
さすがに緊張したww


ガスコイン神父は素早い動きで接近してきての攻撃と散弾銃での牽制射撃が主。
苛烈な斧捌きはもちろんですが、良い感じの距離に逃げられてからの散弾銃がなかなかいやらしい戦いをしてくる・・・。
体力が減ると斧を変形させてリーチが長くなります・・・。


更に体力が3分の1ほどになると、獣化。
体も一回り大きくなりました。


人間時でも激しい動きだった神父ですが、獣化するとその激しさは更に倍増。
もう激しすぎて訳解らんww

ただ、ブンブン振り回した後の一瞬の停止時間を狙ってチクチク攻撃してたら倒すことができましたwwなんとここでも死なずにクリアww

てゆうか今作の回復薬である輸血液、回復量こそ少ないものの、早いモーションと最大20まで持ち運べるので、意外とゴリ押し効きますww
入手量も非常に多く、今のところ回復で困ることはありませんね~。

  

 
とりあえず、現在は旧市街の終盤辺り。そろそろボスのようなもの出てくるかも!?ってところで力尽きて終了。やっぱこのシリーズ、神経使うので疲れますねww


基本的に過去のソウルシリーズのシステムを継承しながら、戦闘は全く違ったものとなってました。
盾によるガードができないので(今後盾装備が出てくるかもしれませんが)、強制的に回避を使用することになります。
が、従来のソウルシリーズ以上に回避性能が非常に優秀なので、意外とガシガシかわせて気持ちいい。
ですが、それに対して敵は手数が多く、集団で行動していることが非常に多く、ソウルシリーズでやっていた、一体ずつおびき寄せて有利な状況を作り出す・・・とゆう戦法がやや通用し難くなった感じ。まぁ石ころで敵を一体ずつおびき寄せるってことは可能ですが、それでも複数の敵を相手にする状況は多く感じました。
なので難易度が低いとゆうことは断じてなく、相変わらずシビアな駆け引きが要求されますね。


更にリゲインとゆう新システム。
「攻撃こそ最大の防御」と公式でも謳っている通り、防御が使用できない今作では重要な体力回復元の一つ。
これも絶妙なバランスであり、新しい体力回復方法として利用できますが、頼り過ぎるとあっけなく倒されてしまったりときちんと一長一短が取れてるんですよね。
キチンとリゲインを狙えるときは狙って、ダメな時は引くとゆうことも大切なんだな~と遊んでいて勉強になりました。
このシステムがあるから輸血液の回復量がやや抑えられてるんだな、と思うと本当巧妙に練られてるな~と。

それにしても最初はダクソと操作が被って、ガードができると思い込んでL1押して無駄に武器変形させちゃったりと、やや慣れるまでに敵にボコボコにされてしまいましたww
慣れると全く新しい戦いの虜になっちゃいましたけどね♪

それと気になったのが海外レビューサイトでも指摘していたロードの長さ。
パッチは配信されたようですが、ロードに関するものではなかったのかな?結構気になるレベルなので、ここは修正していただきたいですね。


なんか語りまくってしまったwwホントはまだ語りたいんだけど、楽しすぎて画像撮り忘れちゃったんですよねww
とにかくとんでもなく面白かったので、ちょっと仮眠でもして、ヤーナム探索再開したいと思います。

聖杯ダンジョンも気になりますし・・・^^
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
プロフィール
SYOUTA I's Gamercard
TweetsWind
HN:
johnny
性別:
男性
職業:
職人目指して奮闘中と思われる
趣味:
ゲーム、音楽鑑賞、二度寝。音楽聴きながら外歩くのっていいよね♪
自己紹介:
ユーザーネーム、
xbox360、xboxone:johnnyslife si
PS3、PS4、PSvita:johnny-SI
Steam:johnnyofjohnny

xbox360大好き人間!!海外ゲームばっかやってます♪
いっぺん世界中を旅してみたいものです・・・。とりあえず、もっかいアメリカに行きたいな~^^
スライドショー
ゲームのSS(主にSkyrimの風景)とリアルの風景を撮ってます(現在テスト運用中)
最新コメント
[04/05 http://phongkhamdakhoaquocte.com/kham-nam-khoa-o-dau-tot-tai-tphcm.html]
[03/16 cat bao quy dau duoc thuc hien nhu the nao]
[02/24 http://suckhoenamkhoa.com/]
[02/04 http://suckhoethuongthuc.org/]
[01/29 http://saigonsongkhoe.net/]
[01/13 gas em osasco]
[01/06 CheesterDob]
[01/05 agen judi togel]
カウンター
Copyright ©  johnny's life!! All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]